スマートフォン用の表示で見る

関根勤

アート

関根勤

せきねつとむ

コメディアン・タレント。

昭和28年8月21日、東京都港区生まれ。

昭和49年日本大学法学部在学中にTBSテレビぎんざNOW! 素人コメディアン道場」に出場し、物真似で初代チャンピオンとなる。

その後、浅井企画に所属し「ラビット関根」の名前でデビュー。

昭和56年、小堺一機とのコンビ「コサラビ」によるラジオ「夜はともだち絶好調」が開始。以降「コサキン」と名前を変え、番組形態を変えながら現在まで続いている。

昭和57年、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」出演をきっかけに芸名を本名に戻す。

平成元年浅草常盤座にてルー大柴ラッキィ池田らと「カンコンキンシアター」を旗揚げ。新宿シアターアプルにて毎年8月に公演を行なう。同館の閉鎖後は、東京グローブ座に移る。

趣味のゴルフ、映画鑑賞、格闘技観戦についても著書多数。

10年程前にTV「さんまのまんま」に出演した時、全編千葉ちゃんのモノマネで番組を通す離れ業をこなした。