スマートフォン用の表示で見る

句読点

読書

句読点

くとうてん

文の論理的関係を明確にし、読みやすくかつ理解しやすくするために切れ目や終止を示す表記上の符号の呼称。


。と、のこと。

ちなみに句点は「。」、読点は「、」。

横書きの場合は、ピリオド「.」やコンマ「,」だけでなく丸括弧「()」や鉤括弧「「」」も含まれる。

基準ははっきりしない。


日本においては平安初期の漢文訓点から派生したもので、江戸時代に西欧から渡来したピリオド、コンマの影響を受けて普及したもの。


なお,文化庁の「公用文に関する諸通知」によると,日本語の公用文については,

句読点は,横書きでは「,」および「。」を用いる。

とのこと。

http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&id=1000005568&clc=1000000068&cmc=1000005514&cli=1000005536&cmi=1000005557

google:句読点