スマートフォン用の表示で見る

珪素

原子番号
14
元素記号
Si

14族第三周期の元素

周期表では炭素の下に位置する。

金属光沢を示すが脆く、軽い。

単体は半導体の性質を示す。

ケイ素単体の構造はダイアモンド構造である。

また、非晶質のアモルファスケイ素も調製が可能である。

岩石の主成分(二酸化珪素および珪酸塩として)。

地殻中に大量に存在するため鉱物の構成要素として重要であり、地殻における存在比は酸素に次いで二番目。

 

日常的な所では、珪素酸化すると二酸化珪素、すなわちガラスの主成分。

純粋な二酸化珪素は、いわゆる水晶として有名。

川原に転がっている石ころの主成分といえば、だいたいは珪素と思ってよい。

天然の状態で99%の純度の珪石も存在し、

これをさらに超高純度に精製したものが

パソコン等にも欠かせない半導体チップの原料になる。

英名は silicon(シリコン)。

ケイ素樹脂やオイルは siliconeシリコーン)であり、誤用されることが多い。