スマートフォン用の表示で見る

江本孟紀

スポーツ

江本孟紀

えもとたけのり

プロ野球選手・野球指導者。元参議院議員

通称「エモやん」。

右投右打。ポジションは投手背番号は49→16→29番。

1947年7月、高知県生まれ。

高知商業高校から法政大学へ進学。

熊谷組を経て、1971年東映フライヤーズに入団。

1972年野村克也監督の南海ホークスに移籍。16勝13敗、防御率3.04。エース級に出世。

1973年 南海ホークスリーグ優勝に貢献。シーズン10ボーク、1試合3ボークで日本新記録達成。日本シリーズ初戦で完投。

1976年江夏豊を含む複数人選手との大型トレードで、阪神タイガースに移籍。15勝9敗の活躍。

1972年から1979年まで8年連続2桁勝利。

1981年、上層部と対立し現役引退。「ベンチがアホやから野球ができん」*1は名言として残る。

1986年、アントニオ猪木と共にスポーツ平和党を立ち上げ、参議院議員に当選。2期務めた。

現在はフジテレビニッポン放送の解説者を務め、一方で米独立リーグカルガリー・フォーススペシャルアドバイザーを務めている。

2005年、京都府の硬式野球チーム、京都ファイアーバーズ?の監督に就任。

2006年、退団。

*1:実際は江本自身の人望に欠ける所があったと言われている。