スマートフォン用の表示で見る

香取市

地理

香取市

かとりし

千葉県香取市千葉県北部にある地方公共団体

2006年3月27日、佐原市香取郡小見川町山田町栗源町新設合併し誕生。

小江戸と呼ばれる地域の一つでもある。

面積は262.31km²、人口は82,730人*1

沿革

1889年4月1日、町村制施行により、香取郡佐原町・香取村・相根村・東大戸村・新島村・津宮村・大倉村・瑞穂村・小見川町豊浦村・神里村・森山村・良文村・府馬村・山倉村・八都村・栗源村が発足。

1890年5月23日、相根村が香西村に改称。

1897年5月5日、香取村が町制を施行し、香取町となる。

1924年4月10日、栗源村が町制を施行し、栗源町となる。

1925年10月1日、府馬村は町制施行し、府馬町となる。

1951年3月15日、佐原町・香取町・東大戸村・香西村が合併佐原市が発足。

1951年4月1日、 小見川町豊浦村・神里村・森山村が合併し、新たに小見川町が発足。

1954年8月1日、府馬町、八都村、山倉村が合併山田町が発足。

1955年2月11日、瑞穂村・新島村・津宮村・大倉村を佐原市に編入。小見川町と良文村が合併し、新たに小見川町が発足。

2006年3月27日、佐原市小見川町山田町栗源町合併して香取市が発足。

*1:2013年5月1日現在