行方市

行方市

(地理)
なめがたし

茨城県南東部の市。

2005年9月2日、行方郡麻生町・北浦町・玉造町の新設合併により市制施行。
2006年3月1日現在 人口 40,524人で市長は元玉造町長の坂本俊彦氏である。
市内全域農業が盛んであり、霞ヶ浦・北浦では漁業も行われている。

また、衆議院議員で防衛庁長官の額賀福志郎氏や女優の永作博美氏(以上元麻生町)、作家の出久根達郎氏(元北浦町)の出身地でもあり、歴史上の人物としては新撰組の前身の壬生浪士組筆頭局長芹沢鴨(元玉造町)の出身地でもある。

路線廃止問題で揺れている鹿島鉄道も行方市を経由している。

市町村コード: 08233-3

新着ブログ: 行方市