スマートフォン用の表示で見る

三輪山

地理

三輪山

みわやま

標高467メートル。周囲16キロメートル。面積350ヘクタール

三輪山大神神社神体山として、大和青垣山のなかでもひときわ秀麗な円錐形の「神奈備山」とされる。

古事記』『日本書紀』によれば、遠い神代の時代、オオナムチノカミが御自らの「幸魂・奇魂」を、

ヤマトオオモノヌシクシカタマノミコトと御名を称えて、この三輪山にお鎮めになったのが大神神社の始まりとされる。