スマートフォン用の表示で見る

司法書士

一般

司法書士

しほうしょし

司法書士 しほうしょし 他人の依頼をうけて、裁判所検察庁法務局・地方法務局に提出する書類を作成することや、登記または供託に関する手続を代理しておこなうことを業務とする者。実際には、不動産登記と商業登記が大きな比重をしめる。

司法書士になるには、司法書士試験に合格するなど一定の資格要件を有したうえ、日本司法書士会連合会にそなえてある司法書士名簿に登録しなければならない。

司法書士は、他人の嘱託を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。

1 登記又は供託に関する手続について代理すること。

2 裁判所検察庁又は法務局若しくは地方法務局に提出する書類を作成

3 法務局又は地方法務局の長に対する登記又は供託に関する審査請求の手続について代理すること。

4 裁判所または検察庁に提出する書類を作成すること

5 前各号(1〜4)の事務について相談に応じること

6 簡易裁判所における手続について代理すること。

また債務整理消費者問題その他成年後見

町の法律家としての活躍が大いに期待されている