スマートフォン用の表示で見る

児童扶養手当

一般

児童扶養手当

じどうふようてあて

 父親の養育を受けられない母子家庭等の18歳未満の児童のために支給される手当。

1962年から実施され、現在では児童1人につき最大で月額41,720円が支給される。

現在、離婚率の上昇から支給額が財政を圧迫。2008年から減額が予定されている。

 障害児を持つ家庭に支給される特別児童扶養手当?とは別の制度である。