スマートフォン用の表示で見る

時計館の殺人

読書

時計館の殺人

とけいかんのさつじん

ミステリ作家、綾辻行人の著作。館シリーズ第5作。

館を埋める108個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で 10年前 1人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが籠る時計館を訪れた9人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは? 第45回日本推理作家協会賞受賞。

時計館の殺人 (講談社ノベルス) 時計館の殺人 (講談社文庫)