スマートフォン用の表示で見る

西田敏行

アート

西田敏行

にしだとしゆき

俳優・歌手。明治大学農学部中退。

1947年11月4日生まれ(団塊の世代)。福島県郡山市出身。

1970年4月1日「劇団青年座」に入団。『情痴』で初舞台を踏み、翌年の舞台『写楽考』で主役デビュー。注目を浴びる。

また、その明るいキャラクターが好まれたのか、テレビドラマ、映画、バラエティの世界にも積極的に進出。

テレビドラマにおいては、『西遊記』『サンキュー先生』『特捜最前線』『かあさん堂々』などでインパクトのある役柄を熱演。中でも『池中玄太80キロ』では、自身が歌う主題歌「もしもピアノが弾けたなら」が大ヒットし、歌手としても脚光を浴び紅白歌合戦にも出場。1980年代からはNHK大河ドラマの常連としても活躍。『おんな太閤記』『翔ぶが如く』『八代将軍・吉宗』などで大役を務め、大物俳優の仲間入りをする。


映画の世界では、1979年上映の横溝正史原作のミステリー『悪魔が来りて笛を吹く』で金田一耕助役を演じて高い評価を獲得。その後は『植村直己物語』『敦煌』『学校』で映画俳優としての地位を確立。1988年から始まる『釣りバカ日誌』は、三國連太郎との掛け合いが好評を呼び、松竹にとっては『男はつらいよ』に代わる新たなドル箱シリーズとして製作が続けられており、2003年には第14作目が公開されたばかりである。また、いしいひさいち原作のアニメ映画『がんばれ!!タブチくん!!』では声優にも挑戦。シリーズ化もされている。


バラエティの世界では、1976年放送開始の全国朝日放送制作『みごろ!たべごろ! 笑いごろ!!』で活躍後、しばらく遠ざかっていたが、2001年に大阪朝日放送制作『探偵!ナイトスクープ』の二代目局長に就任。就任当初は慣れない司会業のため、戸惑うこともあったようだが、現在ではすっかり板に付き、個性的な探偵達を上手くまとめあげている。また、阪神タイガースの大ファンであることから、関西への理解と愛情は深い。

2003年3月、急性心筋梗塞により入院。体調面が危ぶまれたが、25日間の入院生活の後無事復帰。

2003年10月には、体調面の考慮から、33年間在籍した劇団青年座を退団することを決意し、これからはフリーで活動することを宣言。

2011年12月、第62回NHK紅白歌合戦に出場し『あの街に生まれて』を歌唱。


音楽活動

      • 他多数

バラエティ

受賞歴