スマートフォン用の表示で見る

斉藤斎藤

読書

斉藤斎藤

さいとうさいとう

歌人

雨の県道 あるいてゆけばなんでしょう ぶちまけられて これはのり弁

という短歌はあまりに衝撃的で有名。