石塚左玄

サイエンス

石塚左玄

いしづかさげん

1851年3月6日〜1909年10月17日

日本の医師。薬剤師陸軍軍医となり、薬剤監となった後、食事の指導によって病気を治した。医食同源の立場から、「体育智育才育は即ち食育なり」という考えに基づき食育を提唱したことで有名である。