スマートフォン用の表示で見る

赤木圭一郎

一般

赤木圭一郎

あかぎけいいちろう

石原裕次郎小林旭らと共に、日活黄金時代を支えていた伝説的俳優。

アメリカの俳優、トニー・カーティスに似ていることから

「トニー」の愛称で親しまれていた。

また、和製ジェームス・ディーンと称されることも。

1939年生まれ。東京都出身。

商船大学を志望していたものの、受験に失敗。

成城大学へ進学後、日活映画のプロデューサーにスカウトされて、

第4期ニューフェイスとして日活に入社。

太陽の申し子のようにハツラツとしたキャラクターの石原裕次郎とは好対照に、

どこか憂いを感じさせるナイーブなキャラクターが、多くの人々を魅了する。

1961年の2月14日、日活の撮影所内でゴーカートの事故を起こし、

1週間後の2月21日に死去。享年21歳。

亡くなってから40年以上もの歳月がたつが、

デビュー当時からの根強いファンのみならず、

彼が亡くなってから生まれたような若い世代にもファンは多い。