スマートフォン用の表示で見る

川崎フロンターレ

スポーツ

川崎フロンターレ

かわさきふろんたーれ

日本プロサッカーリーグJリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トップチームはJ1リーグに所属。

前身は富士通サッカー部。1999年からJリーグに参加。

J1リーグ1での最高成績は2006年、2008年、2009年の2位。Jリーグカップでは2000年、2007年、2009年の準優勝、天皇杯全日本サッカー選手権大会では2001年と2007年のベスト4、AFCチャンピオンズリーグは2009年のベスト8が最高成績。

大洋ホエールズロッテオリオンズヴェルディ川崎と言ったプロスポーツチームが次々とホームにしては去っていった川崎市最後の砦

チーム名の由来

フロンターレ」はイタリア語で「正面」、「前飾り」を意味し、常に最前線で挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表現したものである。

ちなみに、親会社である富士通アメリカンフットボール部も「フロンティアーズ」と言うチーム名である。

クラブ情報

チーム名・呼称川崎フロンターレ
英字表記Kawasaki Frontale
運営法人株式会社川崎フロンターレ
所属リーグJリーグ - J1リーグ
クラブライセンスJ1クラブライセンス
ホームタウン神奈川県川崎市
ホームスタジアム等々力陸上競技場
練習グラウンド川崎フロンターレ麻生グラウンド
クラブカラーサックスブルー、ブラック、ホワイト
クラブマスコットふろん太

沿革

Jリーグでの成績

  • 1999年 J2 1位(25勝3分8敗)
  • 2000年 1st 15位(3勝2分10敗)/2nd 15位(4勝2分9敗)/年間総合 16位
  • 2001年 J2 7位(20勝3分21敗)
  • 2002年 J2 4位(23勝11分10敗)
  • 2003年 J2 3位(24勝13分7敗)
  • 2004年 J2 1位(34勝3分7敗)
  • 2005年 J1 8位(15勝5分14敗)
  • 2006年 J1 2位(20勝7分7敗)
  • 2007年 J1 5位(14勝12分8敗)
  • 2008年 J1 2位(18勝6分10敗)
  • 2009年 J1 2位(19勝7分8敗)
  • 2010年 J1 5位(15勝9分10敗)
  • 2011年 J1 11位(13勝5分16敗)
  • 2012年 J1 8位(14勝8分12敗)
  • 2013年 J1 3位(18勝6分10敗)
  • 2014年 J1 6位(16勝7分11敗)

歴代監督

過去の主な所属選手

GK
浦上壮史(1997-2004) | 相澤貴志(2000-2007,2009-2011) | 川島永嗣(2007-2010)
DF
中西哲生(1997-2000) | 佐原秀樹(1997-2007,2010) | 寺田周平(1999-2010) | 箕輪義信(2000-2008) | 伊藤宏樹(2001-2013) | 岡山一成(2002-2004) | 相馬直樹(2004-2005) | 横山知伸(2008-2011) | 稲本潤一(2010-2014) | 田中裕介(2011-2014) | ジェシ(ジェシマウロ・ジョゼ・ボルゲス)(2012-2014)
MF
大塚真司(1997-2000) | 桂秀樹(1997-2001) | 長橋康弘(1997-2006) | 久野智昭(1997-2005) | 鬼木達(1998,2000-2006) | 塩川岳人(2000-2004) | 今野章(2000-2006) | アウグスト・ペドロ・デ・ソウザ(2003-2005) | 谷口博之(2004-2010) | マギヌン(2006-2007) | 大橋正博(2007-2008) | 村上和弘(2007-2009) | ヴィトール・ジュニオール(2008-2010) | 菊地光将(2008-2011) | 田坂祐介(2008-2012) | 楠神順平(2010-2012) | 山瀬功治(2011-2012)
FW
向島建(1997-2001) | ツゥット(1998-1999) | 我那覇和樹(1999-2008) | エメルソン(マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ)(2001) | マルクス(マルクス・ビニシウス・デ・モライス)(2004-2006) | ジュニーニョ(カルロス・アルベルト・カルヴァリョ・ドス・アンジョス・ジュニオル)(2003-2011) | 鄭大世(2006-2010) | レナチーニョ(レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール)(2008-2010) | 黒津勝(2001-2012) | 矢島卓郎(2009-2013)