スマートフォン用の表示で見る

倉橋由美子

読書

倉橋由美子

くらはしゆみこ

1935年10月10日高知県生まれ。

日本女子衛生短期大学別科卒業後、明治大学文学部フランス文学科に入学、卒業。

明治大学大学院文学研究科中退。明治大学在学中の60年、「パルタイ」で明治大学学長賞を受賞。同作が芥川賞の候補となる。61年短編集『パルタイ』で女流文学賞受賞。長編『暗い旅』が外国文学の「模倣」論争となる。63年田村俊子賞受賞。66年、アイオワ州立大学大学院Creative Writingコースに入学。71年からしばらく小説の執筆から遠ざかる。80年創作を再開。

著書に『聖少女』『スミヤキストQの冒険』『アマノン国往還記』などがある。

『大人のための残酷童話』はロングセラーとなった。

絵本の和訳として「ぼくを探しに」が有名。

2005年6月10日、拡張型心筋症により逝去。享年69歳。