スマートフォン用の表示で見る

村田兆治

スポーツ

村田兆治

むらたちょうじ

プロ野球選手・指導者・解説者。通称「サンデー兆治」。

右投右打、ポジションは投手背番号は29番。

1949年11月27日生まれ。広島県出身。

福山電波工業高校から1968年ドラフト1位で東京オリオンズ1969年よりロッテオリオンズ)に入団。

マサカリ投法で、剛速球とフォークボールを武器に生涯速球派を貫いた。

1970年、1974年にはオリオンズパリーグ優勝、1974年には日本一に貢献。

有藤道世山崎裕之らと共にチームを支えた。


1982年、右肘を故障し、アメリカスポーツ医学の権威フランク・ジョーブ博士の執刀により左手首の腱を右肘に移植する手術を受ける。

約2年のブランクを経て1985年4月14日1073日ぶりの勝利を上げ、この年17勝でカムバック賞獲得。

中6日のローテーションを開け日曜日に登板する「サンデー兆治」の愛称もこの故障がきっかけである。

1990年、史上二人目となる40代投手の二桁勝利を達成し、現役引退。通算成績215勝177敗33セーブ。


1995年、福岡ダイエーホークス投手コーチに就任。

2005年、野球殿堂入り。

現在はプロ野球解説者のかたわら、50代のアスリートとしてトレーニングを怠らず、CMにも出演。

マスターズリーグ東京ドリームスや、モルツ球団で140キロの直球を見せる。


2005年より、長崎県対馬市にある対馬まさかりドリームスの監督を務める。


年度別成績

続きを読む