ロッテオリオンズ

ロッテオリオンズ

(スポーツ)
ろっておりおんず

プロ野球チーム。千葉ロッテマリーンズの前身。パ・リーグに所属。
本拠地は東京スタジアム→県営宮城球場→川崎球場。

チームカラーは赤と紺。
球団歌は「わがオリオンズ」、応援歌は「ビバ・オリオンズ
リーグ優勝2回(1970,1974)、半期優勝3回(1977、1980、1981)。
日本一1回(1974)。

沿革

  • 1969年、ロッテが東京オリオンズを買収し、「ロッテオリオンズ」発足。濃人渉が監督に就任。
  • 1970年、安定した投手陣と強力打線でパ・リーグ優勝。
  • 1971年、試合放棄による影響のため、濃人監督が辞任、二軍監督の大沢啓二が監督に就任。
  • 1972年、大映の資金力不足により、永田雅一がオーナー職を退任。
  • 1973年、東京スタジアム解体、本拠地を後楽園球場に移転。金田正一が監督に就任。
  • 1974年、後楽園球場緩和のため、仙台市にフランチャイズを移転、県営宮城球場に本拠地を移転する。
  • 同年、2度目のリーグ優勝を果たす。日本シリーズでも中日ドラゴンズを下し、24年ぶりの日本一に輝く。
  • 1977年、2度目の半期優勝もプレーオフで敗退。
  • 1978年、神奈川県川崎市にフランチャイズを移転、川崎球場に本拠地を移転する。
  • 1979年、山内一弘が監督に就任。
  • 1980年、3度目の半期優勝もプレーオフで敗退。
  • 1981年、4度目の半期優勝もプレーオフで敗退。
  • 1982年、山本一義が監督に就任。
  • 1983年、球団史上初の最下位*1
  • 1984年、フランチャイズ九州移転の候補に上がり、稲尾和久が監督に就任。
  • 1986年、オフに中日ドラゴンズと1対4のトレードを敢行。三冠王三度の落合博満を放出し、牛島和彦・上川誠二・平沼定晴・桑田茂を獲得したこのトレードは“世紀のトレード”と報道された。
  • 1987年、有藤道世が監督に就任。
  • 1988年、10.19ダブルヘッダーの対戦相手として注目を集める。
  • 同年、首位打者・盗塁王・最多セーブ王・奪三振王*2、と4人もの個人タイトルホルダーを輩出しながら、首位から21ゲーム差の最下位に甘んじる。
  • 1990年、金田正一が監督に復帰。
  • 1992年、フランチャイズを千葉市へ移転、「千葉ロッテマリーンズ」に球団名を変更。

歴代監督

  • 濃人渉 (1969-1971)
  • 大沢啓二(1971-1972)
  • 金田正一(1973-1978)
  • 山内一弘(1979-1981)
  • 山本一義(1982-1983)
  • 稲尾和久(1984-1986)
  • 有藤道世(1987-1989)
  • 金田正一(1990-1991)

関連キーワード

  • ロッテ
  • 県営宮城球場
  • 川崎球場

*1:12球団で最も遅い最下位転落であった。

*2:首位打者・高沢秀昭、盗塁王・西村徳文、最多セーブ・牛島和彦、奪三振王・小川博。

新着ブログ: ロッテオリオンズ