スマートフォン用の表示で見る

大山誠一郎

読書

大山誠一郎

おおやませいいちろう

作家・翻訳家

1971年埼玉県生まれ。京都大学在学中は推理小説研究会に所属。

2002年e-NOVELS?に犯人当てミステリ『彼女がペイシェンスを殺すはずがない』を発表し話題に。

2004年10月『アルファベット・パズラーズ』で本格的にデビュー。投票期日ギリギリの刊行ながら『2005本格ミステリ・ベスト10?』で8位にランクインする快挙を見せる。

翻訳作品にニコラス・ブレイク『死の殻』エドマンド・クリスピン『永久の別れのために』がある。