中央構造線

地理

中央構造線

ちゅうおうこうぞうせん

Median Tectonic Line

日本の関東地方から九州地方西南日本を縦断する大断層系のこと。一部は活断層である。西南日本を内帯と外帯に分けている。関東山地から赤石山脈西縁や紀伊半島北部を経て四国北部の吉野川北岸へと続く。そして、佐田岬半島北側の沖合を通って九州へと続いている。