鳥肌

一般

鳥肌

とりはだ

皮膚が、鳥の毛をむしり取ったあとの肌のようにぶつぶつになること。急激な寒さ、恐怖などが原因で、立毛筋という筋肉が反射的に収縮しておこる。

感動や興奮など肯定的な意味で「鳥肌が立つ」を用いるのは間違いとする説もある。

さぶいぼが立った肌。別称:サメ肌。

とりはだみのる、という人は関係ない。