スマートフォン用の表示で見る

定期昇給

一般

定期昇給

ていきしょうきゅう

定期昇給とは、毎年一定の時期に社員の基本給を上げること。「定昇」とも略される。

企業の設定した賃金表にもとづいて、年齢や勤続年数に応じて自動的に昇給される分と、能力や技能のレベルに応じて昇給される分がある。

企業の賃金カーブそのものを底上げするベースアップベア)とは異なる。

長らく日本の労使慣行の中で定着し、年功序列賃金の中の一システムであったが、1990年代以降、年功序列的な賃金体系を見直す動きが相次ぎ、定期昇給自体を廃止した企業も少なくない。