スマートフォン用の表示で見る

田んぼアート

アート

田んぼアート

たんぼあーと

穂色の異なる稲を、意図する図柄にあわせて植え付け、秋に空中或いは高所から見ると絵画のように見える植物芸術。

1990年代の前半に始まった。現在では東北を中心に日本全国で行われている。

古代米の紫、黄、緑、赤などの色とりどりの葉や穂を使って絵や字を描くので、着色剤で化学薬品 などは一切使用しない。