スマートフォン用の表示で見る

田淵幸一

スポーツ

田淵幸一

たぶちこういち

プロ野球選手・指導者・解説者。

右投右打、ポジションは捕手指名打者背番号は22番。

1946年9月24日生まれ。東京都出身。

法政大学では山本浩二富田勝と共に「法政三羽烏」と称され、東京六大学野球本塁打記録を樹立。

1969年ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

1970年代を代表するスラッガー捕手として活躍。

江夏豊とのバッテリーは名コンビと謳われた。

ミスタータイガースの系譜の1人である*1


1979年真弓明信若菜嘉晴竹之内雅史竹田和史との4対2の交換トレードで、

古沢憲司と共に西武ライオンズに移籍。

指名打者として活躍。ライオンズ黄金時代の幕を上げた。


漫画「がんばれタブチくん」の主人公にもなった。

1984年、現役引退。


TBS野球解説者を経て、1990年福岡ダイエーホークス2代目監督に就任。

暗黒時代を形成、1992年、退団。


その後はTBSの野球解説者、スポーツニッポン評論家を務める。


2002年、阪神タイガースのヘッド兼打撃コーチに就任。2003年、退団。

現在はTBS野球解説者の傍ら、マスターズリーグ大阪ロマンズの選手、モルツ球団の選手として活躍中。

2007年、北京オリンピックを目指す野球日本代表のコーチに就任。

妻は元タレントのジャネット八田

息子にフジテレビアナウンサー田淵裕章、俳優の田淵帝次

*1:一般的には、「ミスタータイガース」は生え抜きのみに与えられる呼称とし、田淵幸一を除いた藤村富美男村山実掛布雅之の3名とするのが通説である。