スマートフォン用の表示で見る

日高本線

地理

日高本線

ひだかほんせん

路線

室蘭本線に接続する苫小牧駅から様似駅までの 146.5km を太平洋海岸線に沿って結ぶ、日高支庁唯一の鉄道路線

様似駅からバスに乗り換えると、約50分で襟裳岬である。

沿線は競走馬の生産が盛んで、車窓にも多くの牧場が見られる。

駅一覧

駅名よみ
“えき”は略
苫小牧駅とまこまい
勇払駅ゆうふつ
浜厚真駅はまあつま
浜田浦駅はまたうら
鵡川駅むかわ
汐見駅しおみ
富川駅とみかわ
日高門別駅ひだかもんべつ
豊郷駅とよさと
清畠駅きよはた
厚賀駅あつが
大狩部駅おおかりべ
節婦駅せっぷ
新冠駅にいかっぷ
静内駅しずない
東静内駅ひがししずない
春立駅はるたち
日高東別駅ひだかとうべつ
日高三石駅ひだかみついし
蓬栄駅ほうえい
本桐駅ほんきり
荻伏駅おぎふし
絵笛駅えふえ
浦河駅うらかわ
東町駅ひがしちょう
日高幌別駅ひだかほろべつ
鵜苫駅うとま
西様似駅にしさまに
様似駅さまに

沿革

苫小牧駅富川駅間は1913年10月に苫小牧軽便鉄道により、富川駅厚賀駅間は1924年9月、厚賀駅静内駅間は1926年12月に日高拓殖鉄道によりそれぞれ開通した。1927年8月1日に国に買収され、日高線となった後、1933年12月に日高三石駅、1935年10月に浦河駅1937年8月に様似駅まで延伸され、全通した。

途中の鵡川駅からは国鉄富内線が分岐していたが、1986年に廃止された。

2015年1月8日、厚賀駅大狩部駅間で高波による土砂流出が発生したため、鵡川駅様似駅間が不通となる。1月27日に静内駅様似駅間で運行再開*1したものの、2月28日には、厚賀駅大狩部駅間において土砂流出が進行し、静内駅様似駅間用の車両を回送することが不可能となったため、同日午後以降は鵡川駅様似駅間で代行バスを運行している。

全区間の再開までには相当な時間がかかるとされている。


リスト::鉄道路線

*1:車両の給油・検査のため、毎日苫小牧運転所から、土砂流出区間を通過して回送された