スマートフォン用の表示で見る

日本フットボールリーグ

スポーツ

日本フットボールリーグ

にほんふっとぼーるりーぐ

1999年に発足した日本のアマチュアサッカーリーグ。略称JFL

主催は公益財団法人日本サッカー協会一般社団法人日本フットボールリーグJリーグJリーグ ディビジョン1Jリーグ ディビジョン2)の下部リーグとして構成され、Jリーグ参入を目指すクラブチームにとっての関門であると同時に、アマチュアにとっての最高峰に位置するリーグでもある。2014年からはJ3リーグJ3)が発足したが、JFLJ3は並列であるとされている(J3JFLともに3部リーグとみなすこともできる)。

リーグの位置付けを反映して、その内訳は企業チーム、クラブチーム、大学チームとさまざまである。例年春から秋にかけてリーグ戦が行われる。

歴史

1965年〜1992年の日本サッカーリーグJSL)、1993年〜1998年のジャパンフットボールリーグJFL*1)の後を受け継いで1999年に9チームでスタート。チーム数を随時増加させ、2006年以降は原則18チームで構成されるようになった。

2014年シーズンより、J3リーグJ3)が発足。JFL参加チームの多くがJ3に参加したため(最終的には9チームがJ3に参加)、新規参加希望クラブを地域リーグ以下から募集し、6チームの新規入会を承認、2014年シーズンは14チームで行われることになっている。

リーグ戦の概要

2013年まで

2003年以降、18チームが参加するホーム・アンド・アウェー2回戦総当たりのリーグ戦(各チーム30試合)で行われ、勝ち点の多い順に順位を決定する方式がとられていた。前後期制を採っているが、前後期合わせた総勝ち点で年間順位を決定しており、前期は天皇杯全日本サッカー選手権大会への出場権決定の為に過ぎない。

降格については、2007年以降は昇格チームや退会チームがない限り、下位2チーム(17位、18位)が地域リーグに自動降格し、全国地域サッカーリーグ決勝大会の上位2チームが自動昇格する。JFLの16位チームは全国地域サッカーリーグ決勝大会の3位チームとの入れ替え戦に回る。

Jリーグ準加盟クラブのJリーグ昇格については、2011年までは年間順位4位以内*2に入り、Jリーグ理事会が承認すれば、Jリーグ ディビジョン2(J2)に昇格できた。2012年〜2013年は、Jリーグ準加盟クラブであること、クラブライセンス審査を受けてJ2クラブライセンスが付与されていること、JFLで2位以内に入ること、以上3つの条件を満たしたクラブが入れ替え(J2昇格)対象となる。JFLの1位チームは、J2の22位チームに入れ替わって自動昇格。JFLの2位チームは、J2の21位チームとホーム・アンド・アウェー方式のJ2・JFL入れ替え戦に進出する。ただし、J2昇格条件を満たしたクラブがJFLの1位チームのみだった場合、J2の22位とJFLの1位の自動入れ替えのみ実施。J2昇格条件を満たしたクラブがJFLの2位チームのみだった場合は、J2の22位とJFLの2位によるJ2・JFL入れ替え戦が実施されることになる。また、JFLの上位2チームが入れ替え条件を満たしていない場合は、入れ替え自体が行われない。

2014年-

ファーストステージ、セカンドステージの2ステージ制で、各ステージ1回戦総当りのリーグ戦を行い、優勝チームを決める。各ステージの優勝チームにより、チャンピオンシップとして年間チャンピオン決定戦(ホーム・アンド・アウェー)を行う。両ステージの優勝チームが同じ場合はチャンピオンシップを行わない。

J3リーグへの参入(昇格)については、「J3スタジアム要件」「J3ライセンス基準」の審査に合格したうえで、JFLでの最終順位が4位以内、JFLに属する「Jリーグ百年構想クラブ」のうち上位2クラブに入っていることが条件となる。

かつてJFLに在籍していたチーム

初年度J3リーグに参入

Jリーグ ディビジョン2に昇格

地域リーグ降格・その他

*1:現行リーグと区別するために「旧JFL」と呼称することもある

*2:2006年までは原則2位以内

日本フットボールリーグ
目次