スマートフォン用の表示で見る

排出権取引

サイエンス

排出権取引

はいしゅつけんとりひき

汚染物質や温室効果ガスの削減目標を上回った枠を売買できる制度のことであるが、実態はデリバティブまがいのインチキ指標でしかない。

汚染管理において、マネーゲームに狂った米国で導入された制度。規制的手法などと比べ、経済学的には非常に効率的削減が可能。

京都議定書では京都メカニズムとして例外的な運用が認められた。

EUでは、国境を越えた温室効果ガス排出権の取引市場がスタートし、世界的な排出権売買市場の登場を金融ゴロ達が期待している。