成長の限界

(一般)
せいちょうのげんかい

The Limits to Growth (Meadows et al., 1972)

レイチェル・カーソン「沈黙の春」と共に、環境危機を警告した2大著作として知られる。環境啓蒙書のバイブル。
「パラメータとしている値が現行水準と変わりなく続けられれば、成長は限界に達する」との結論に至り、話題に。

正規表記

成長の限界~人類の危機に関するローマ・クラブ報告~

成長の限界―ローマ・クラブ「人類の危機」レポート

成長の限界―ローマ・クラブ「人類の危機」レポート

MITのコンピュータシミュレーションの詳細は"Dynamics of Growth in Finite World"(Meadows et al., 1974a)を参照のこと。

パラメータ

  • 人口
  • 農業生産
  • 枯渇性資源
  • 工業生産
  • 環境汚染

Beyond the Limits (Meadows et al., 1992)

限界を超えて-生きるための選択-

成長の限界の続編。
供給でも吸収でも限界を超えてしまった部分はあるけれども、技術革新だけでなく意識の変革などによる社会構造の変化が必要と主張。

限界を超えて―生きるための選択

限界を超えて―生きるための選択

  • 作者: ドネラ・H.メドウズ,ヨルゲンランダース,デニス・L.メドウズ,Donella H. Meadows,Jorgen Randers,Dennis L. Meadows,松橋隆治,茅陽一,村井昌子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1992/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ