スマートフォン用の表示で見る

磐田市

地理

磐田市

いわたし

静岡県磐田市は、静岡県西部に位置する都市。

2005年4月1日、旧磐田市、旧豊田町、旧竜洋町、旧福田町、旧豊岡村の5市町村での合併が実施され新「磐田市」が誕生した。

日本で最も多くの種類のトンボが生育することで知られる桶ヶ谷沼など豊かな自然環境に恵まれ、県内屈指の農業産出額を誇る。地場産業である繊維産業や、金属、自動車、楽器などの製造品出荷額なども県下トップクラスである。

また、サッカーJリーグジュビロ磐田と、ジャパンラグビートップリーグヤマハ発動機ジュビロホームタウンとして「スポーツのまちづくり」を推進している。2002年のFIFAワールドカップ日韓大会では日本代表チームのベースキャンプ地にも選ばれた。

概要

面積
164.08km²(東西:約11.5km/南北:約27.1km)
人口
171,790人(2013年2月28日現在*1
市町村コード
22211-9

歴史

奈良時代には遠江国分寺と遠江国府が置かれ、江戸時代には東海道五十三次の見付宿として繁栄するなど、東西交通の要所として発展した。国分寺跡や古墳群、旧見付学校附磐田文庫などの国指定文化財が存在する。

特産物

工業製品
別珍・コール天オートバイ、機械部品
農・水産物
温室メロン磐田メロン)、茶、白ねぎ、海老芋、シラス

磐田市出身の著名人