J2リーグ

J2リーグ

(スポーツ)
じぇいつーりーぐ

J2リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の2部リーグにおける呼称。略称はJ2
1999年、JリーグがJリーグ ディビジョン1(J1)とJリーグ ディビジョン2の2部制に移行して発足。2014年には3部リーグとなるJ3リーグ(J3)が発足した。
2015年よりリーグの定款を改訂し、呼称を「Jリーグ ディビジョン2」から「J2リーグ」に改称(同様に「Jリーグ ディビジョン1」も「J1リーグ」に改称)。また、明治安田生命保険相互会社と「Jリーグタイトルパートナー契約」を締結し、2015シーズンから2018シーズンまで「明治安田生命J2リーグ」の名称となる。

2018年のJ2参加クラブ

Jリーグ の項も参照

  • モンテディオ山形
  • 水戸ホーリーホック
  • 栃木サッカークラブ
  • ジェフユナイテッド市原・千葉
  • 大宮アルディージャ
  • 東京ヴェルディ1969
  • FC町田ゼルビア
  • 横浜FC
  • アルビレックス新潟
  • 松本山雅フットボールクラブ
  • ヴァンフォーレ甲府
  • ツエーゲン金沢
  • FC岐阜
  • 京都サンガF.C.
  • ファジアーノ岡山FC
  • レノファ山口FC
  • カマタマーレ讃岐
  • 徳島ヴォルティス
  • 愛媛FC
  • アビスパ福岡
  • 大分トリニータ
  • ロアッソ熊本

年度別成績

太字は昇格クラブ

年度 クラブ数 優勝 準優勝 3位
1999 10 川崎フロンターレ FC東京 大分トリニータ
2000 11 コンサドーレ札幌 浦和レッドダイヤモンズ 大分トリニータ
2001 12 京都パープルサンガ ベガルタ仙台 モンテディオ山形
2002 12 大分トリニータ セレッソ大阪 アルビレックス新潟
2003 12 アルビレックス新潟 サンフレッチェ広島 川崎フロンターレ
2004 12 川崎フロンターレ 大宮アルディージャ アビスパ福岡
2005 12 京都パープルサンガ アビスパ福岡 ヴァンフォーレ甲府
2006 13 横浜FC 柏レイソル ヴィッセル神戸
2007 13 コンサドーレ札幌 東京ヴェルディ1969 京都サンガF.C.
2008 15 サンフレッチェ広島 モンテディオ山形 ベガルタ仙台
2009 18 ベガルタ仙台 セレッソ大阪 湘南ベルマーレ
2010 19 柏レイソル ヴァンフォーレ甲府 アビスパ福岡
2011 20 FC東京 サガン鳥栖 コンサドーレ札幌

2012〜

年度 優勝 準優勝 プレーオフ勝者
2012 ヴァンフォーレ甲府 湘南ベルマーレ 大分トリニータ
2013 ガンバ大阪 ヴィッセル神戸 徳島ヴォルティス
2014 湘南ベルマーレ 松本山雅FC モンテディオ山形
2015 大宮アルディージャ ジュビロ磐田 アビスパ福岡
2016 北海道コンサドーレ札幌 清水エスパルス セレッソ大阪
2017 湘南ベルマーレ V・ファーレン長崎 名古屋グランパスエイト

開催方式

22のクラブが参加して、ホーム&アウェー2回戦総当りのリーグ戦で争う1シーズン制。2018年シーズンからは、年間順位上位2チームがJ1へ自動昇格し、3〜6位のチームが残りの1枠を賭けてノックアウト方式のトーナメントで争い、勝利チームがJ1の16位と争うJ1参入プレーオフを開催する。
2007年までは4回戦総当り、2008年〜2009年は3回戦総当りの1シーズン制だった。

J1との入れ替え制度

1999年-2003年
J1の下位2チームとJ2の上位2チームを自動的に入れ替え。
2004年
J1のチーム数増加(16→18)に伴い、J1の最下位とJ2の3位によるJ1・J2入れ替え戦を実施。
2005年-2008年
J1の下位2チームとJ2の上位2チームを自動入れ替え、J1の16位とJ2の3位によるJ1・J2入れ替え戦を実施。
2009年-2011年
J1の下位3チームとJ2の上位3チームを自動入れ替え。J1・J2入れ替え戦は廃止。
2012年-2017年
J1の下位3チームが自動降格、J2の上位2チームが自動昇格。J2年間順位3〜6位の4クラブが参加し、勝利チームがJ1に昇格するJ1昇格プレーオフを実施。
2018年-
J1の下位2チームが自動降格、J2の上位2チームが自動昇格。J2年間順位3〜6位の4クラブが参加し、勝利チームがJ1昇格を賭けてJ1の16位と対戦するJ1参入プレーオフを実施。

JFL・J3との入れ替え制度

2012年-2013年

2012シーズンより、J2の参加クラブ数が2008年に決まった「J2の将来像」で規定されていた22クラブに達したため、3部リーグに当たる日本フットボールリーグ(JFL)に属する準加盟クラブとの入れ替え制度が導入された。J2からは下位2チーム(21位・22位)が降格対象となる。JFL所属のクラブのうち、入れ替え(J2昇格)対象となるのは、Jリーグ準加盟クラブであること、クラブライセンス審査を受けてJ2クラブライセンスが付与されていること、JFLで2位以内に入ること、以上3つの条件を満たしたクラブ。
JFLの上位2チームがJ2昇格条件を満たした場合、J2の22位チームとJFLの1位チームとの自動入れ替え、J2の21位とJFLの2位によるホーム・アンド・アウェー方式のJ2・JFL入れ替え戦が実施される。ただし、J2昇格条件を満たしたクラブがJFLの1位チームのみだった場合、J2の22位とJFLの1位の自動入れ替えのみ実施。J2昇格条件を満たしたクラブがJFLの2位チームのみだった場合は、J2の22位とJFLの2位によるJ2・JFL入れ替え戦が実施されることになる。また、JFLの上位2チームが入れ替え条件を満たしていない場合は、入れ替え自体が行われない。

2014年-2016年

2014年シーズンから3部リーグのJ3リーグ(J3)が発足。J2は下位2クラブ(21位、22位)が降格対象、J3は上位2チームに入り、クラブライセンス審査でJ2ライセンスが付与されている場合のみ昇格対象となる。
J2の22位チームとJ3の1位チームは自動入れ替え。J2の21位チームとJ3の2位チームは、翌年度のJ2参入を懸けたホーム・アンド・アウェー方式のJ2・J3入れ替え戦を行う。ただし、J2ライセンスを保有したクラブがJ3の1位チームのみだった場合、J2の22位とJ3の1位の自動入れ替えのみ実施。J2ライセンスを保有したクラブがJ3の2位チームのみだった場合は、J2の22位とJ3の2位によるJ2・J3入れ替え戦が実施されることになる。また、J3の上位2チームが入れ替え条件を満たしていない場合は、入れ替え自体が行われない。

2017年-

J2の下位2チーム(21位、22位)とJ3の上位2チームを自動的に入れ替え。ただし、J2ライセンスを保有したクラブがJ3の上位1チームのみだった場合、J2の22位とJ3の該当クラブの自動入れ替えのみ実施。また、J3の上位2チームが入れ替え条件を満たしていない場合は、入れ替え自体が行われない。

順位決定方法(2008シーズンより)

  1. 勝ち点(勝利:3、引き分け:1、敗戦:0)
  2. 得失点差
  3. 総得点
  4. 当該チーム同士の成績
  5. 反則ポイント
  6. 抽選

表彰

得点王

年度 選手名 当時所属クラブ 得点 国籍
1999 神野卓哉 大分トリニータ 19 日本
2000 エメルソン コンサドーレ札幌 31 ブラジル
2001 マルコス ベガルタ仙台 34 ブラジル
2002 マルクス アルビレックス新潟 19 ブラジル
2003 マルクス アルビレックス新潟 32 ブラジル
2004 ジュニーニョ 川崎フロンターレ 37 ブラジル
2005 パウリーニョ 京都パープルサンガ 22 ブラジル
2006 ボルジェス ベガルタ仙台 26 ブラジル
2007 フッキ 東京ヴェルディ1969 37 ブラジル
2008 佐藤寿人 サンフレッチェ広島 28 日本
2009 香川真司 セレッソ大阪 27 日本
2010 ハーフナー・マイク ヴァンフォーレ甲府 20 日本
2011 豊田陽平 サガン鳥栖 23 日本
2012 ダヴィ ヴァンフォーレ甲府 32 ブラジル
2013 ケンペス ジェフユナイテッド千葉 22 ブラジル
2014 大黒将志 京都サンガF.C. 26 日本
2015 ジェイ ジュビロ磐田 20 イングランド
2016 鄭大世 清水エスパルス 26 北朝鮮
2017 イバ*1 横浜FC 25 ノルウェー

J2 Most Exciting Player

年度 選手名 当時所属クラブ 国籍
2011 今野泰幸 FC東京 日本
2012 山口智 ジェフユナイテッド千葉 日本
2013 遠藤保仁 ガンバ大阪 日本
2014 田中隼磨 松本山雅FC 日本

MYアウォーズ J2MVP

年度 選手名 当時所属クラブ 国籍
2016 鄭大世 清水エスパルス 北朝鮮

ネットの話題: J2リーグ

人気

新着

新着ブログ: J2リーグ