スマートフォン用の表示で見る

不織布マスク

一般

不織布マスク

ふせんぷますく

新型インフルエンザ対策として厚生労働省が1人あたり20枚〜25枚の備蓄を勧めているマスクです。

最近はプリーツ型(フラット型)と立体型があり、立体型の方が空間が確保され、呼吸もしやすいです。

メーカーにより1層構造の単純なものから4層構造の高性能のものまで幅広くあります。