スマートフォン用の表示で見る

風が吹けば桶屋が儲かる

一般

風が吹けば桶屋が儲かる

かぜがふけばおけやがもうかる

ことわざ。

ある出来事が、予想もしないようなところへ影響を及ぼすことの例え。転じて、当てにならない期待をすること。

また、因果関係の無さそうなものを、無理矢理こじつけた状態を言い表すことも。

類義:「大風が吹けば桶屋が喜ぶ 」「風が吹けば箱屋が儲かる」

起源

江戸時代の浮世草子、または、落語を起源とする説が有力

解釈

風が吹く(スタート!)

砂ぼこりが目に入る

目を患って、目の不自由な人が増える

多くの目の不自由な人が生計のために三味線弾きになる

三味線用の猫の皮が大量に必要になる

猫が減ってねずみが増える

増えたねずみが桶をかじって壊す

桶屋が儲る(ゴール!)

「風が吹いても桶屋が儲からない 」

「風が吹けば桶屋が儲かる」を皮肉ってできた言葉。=「世の中はそんなに甘くない」