風船爆弾

一般

風船爆弾

ふうせんばくだん

正式名称「ふ号兵器」。

名前の通り、風船に爆弾(焼夷弾)をつけて、アメリカ本土を直接攻撃しようという日本陸軍の秘密兵器。

和紙を構成材に、こんにゃくのりで接着して手作業で組み立てるという、ある意味非常にローテクな手法で作られた。

日本本土から放出された後、順調に行けばジェット気流に乗って、太平洋を2日ほどで越えることができた。

風まかせとはいえ、人類初の大陸間兵器である。

昭和19年末から20年春にかけて、約9000発が千葉県一ノ宮茨城県大津福島県勿来の海岸から陸軍放球部隊によって打ち上げられ、およそ300発がオレゴン州などのアメリカ西海岸を中心に到達した。アメリカ側の被害は死者6名((第2次世界大戦中、米本土で戦争による被害を受けた唯一の例である。))その他山林火災の発生など。

ただし、アメリカ側が厳重な情報管制を行ったため、日本側がその結果を知ることはなかった。