スマートフォン用の表示で見る

豊橋鉄道

地理

豊橋鉄道

とよはしてつどう

豊橋鉄道株式会社は、愛知県豊橋市に本社を置き、愛知県豊橋市を中心に、鉄道、軌道、バスによる旅客運送事業等を行う事業者である。略称豊鉄

1924年3月17日設立

概要

資本金200,250千円、名鉄グループの一員であるとともに、豊橋鉄道グループの中核企業。旅客運送業以外に、不動産事業(売買、賃貸、駐車場他)、 広告事業(電車・駅・バス・屋外広告インターネットWebサービス他)を手掛ける。

沿革

1924年豊橋電気軌道として設立

1925年豊橋駅−神明−大手通り札木十字路及び神明−柳生橋で路面電車の運行を開始した。

1949年豊橋乗合自動車と合併し、豊橋交通に商号変更。

1954年、現社名の豊橋鉄道となった。同年、名古屋鉄道から渥美線譲渡を受ける。

1956年、に田口鉄道合併豊橋鉄道田口線とした(1968年廃止)。

2007年10月1日、自動車部門を「豊鉄バス株式会社」へ分社化した。

軌道

路線

東田本線豊橋駅前−赤岩口・運動公園前 営業キロ数:5.4km

運行系統:豊橋駅前−赤岩口、豊橋駅前−運動公園前、豊橋駅前−競輪場

運賃

大人150円、子供80円。全線均一。1DAYフリー券大人400円。

車両

名古屋鉄道岐阜市内線揖斐線美濃町線の廃止により、モ780形及びモ800形が転入し、2005年(平成17年)8月から順次運行を開始した。その他、元名鉄美濃町線モ580形のモ3200形、元東京都電7000形のモ3500形が在籍、長年主力だった名古屋市電からの譲渡車両は、モ3102号とモ3702号を残すだけとなった。

その他

歴史的に市営であったことはないが、地元では「市電」と呼ばれ親しまれている。運動公園前への分岐である井原のカーブは半径11mで、日本の鉄軌道中もっとも急なカーブとして知られる。

鉄道

路線

渥美線新豊橋三河田原 営業キロ数:18.0km

新豊橋JR/名鉄豊橋に隣接した駅で、将来的にJR/名鉄豊橋駅へ一体化する予定。

運賃

大人140円から520円。小児運賃は大人運賃の半額、ただし10円未満の端数が出た場合は10円に切り上げ。対距離制。1DAYフリー券大人1100円、子供550円。

車両

東京急行電鉄7200系の1800形が30両(3両10編成)が在籍。

渥美線カラフルトレイン」と呼ばれ、咲き香る渥美半島の花々をデザインした編成ごとにすべて配色が異なる車両が運行されている。