スマートフォン用の表示で見る

豊田泰光

スポーツ

豊田泰光

とよだやすみつ

プロ野球選手野球指導者・野球解説者。右投右打、ポジションは遊撃手

1935年2月12日、生まれ。 2016年8月14日、死去。

茨城県出身

1952年茨城県立水戸商業高等学校全国高等学校野球選手権大会に出場。

1953年西鉄ライオンズに入団。1年目より一軍に定着、遊撃手となる。打率.281、27本塁打という高卒新人としては、異例の好成績で新人王を獲得。27本塁打は1986(昭和61年清原和博西武ライオンズ)に破られるまで、高卒ルーキーの最多記録だった。

1956年から1958年まで、日本シリーズ3連覇を達成。中西太稲尾和久と共にライオンズの黄金時代を形成。

17年間の現役生活は「大舞台に強い打者」として一世を風靡した。

豪放磊落な野武士野球象徴的な選手*1。屈指の色男でもあった。

1963年、国鉄スワローズ(後のアトムズ)に移籍。

1969年、現役引退。

1972年三原脩招聘され、近鉄バファローズのコーチに就任し、1シーズン務める。

文化放送フジテレビの野球解説者?を務め、切れ味鋭い評論で人気を得る。

1990年代以降は、黒い霧事件で処分された選手への名誉回復や、バットの原材料であるアオダモの育成にも尽力した。

2006年、野球殿堂入り。

1994年から2013年まで週刊ベースボールにてコラム「豊田泰光のオレが許さん」を掲載。

1998年から2013年末まで日本経済新聞スポーツ欄でコラム「チェンジアップ」を掲載。

*1:その守備については小西得郎により木綿と称され、吉田義男=麻、広岡達朗=絹と共に例えられた。