スマートフォン用の表示で見る

清原和博

スポーツ

清原和博

きよはらかずひろ

プロ野球選手(一塁手

1967年8月18日生まれ。大阪府岸和田市出身。右投右打。通称「キヨマー」「番長」「無冠の帝王」「地蔵」「だんじりファイター」。

高校時代に桑田真澄とのKKコンビで春夏甲子園5回出場。

1986年にプロ入りし、1年目より31本塁打を記録し新人王を獲得。1987年以降、ライオンズ4番打者、主砲として、パ・リーグ優勝8回、日本一5回に貢献。秋山幸二とのAK砲、オレステス・デストラーデを加えたAKD砲で、黄金時代を築き上げ、1980年代後半〜1990年代にかけて日本を代表する一塁手として活躍。

1990年日本シリーズでは三塁手で出場。1986年から1998年までオールスター13年連続出場。

2004年に通算2000本安打達成、2005年には通算500号本塁打を達成した。

打席に入る時の応援歌に「とんぼ」を流す、長渕剛ファンの一人でもある。2008年10月引退セレモニーの際には、長渕剛も自ら駆けつけ、「とんぼ」を清原のそばで熱唱した。

9月のだんじり祭のころに調子をあげることから「だんじりファイター」と呼ばれるが、清原の実家のある地域は岸和田の山手側であり、だんじりは10月におこなわれる。

中田翔の素質を見抜き、彼を「番長」の後継者として公言したとも言われる。

2013年4月に、コナミの企画で、「プロ野球ドリームナイン」で桑田真澄とともに、自らカードを選択し「チーム清原」を結成し、全国のプレイヤーと対決することになった。尚、「チーム桑田」と交互で、ランダム選択による対決となる。

個人タイトル

CM