スマートフォン用の表示で見る

北条氏政

社会

北条氏政

ほうじょううじまさ

戦国大名で、後北条氏四代目当主。北条氏康の次男*1。母は今川氏親の娘で今川義元の甥に当たる。妻は武田信玄娘。

本能寺の変後、織田氏の名将滝川一益上野より撃退するなど、

着々と関東統一を進める一方、徳川氏と縁戚関係を結んで勢力増大に努めた。

しかし、豊臣秀吉に対して抗戦し、長い篭城戦の末に開城、後に切腹。結果として後北条氏を滅亡させてしまった。小田原評定の当事者である。

ちなみに、味噌汁を米飯の上にかけたことで父・氏康に「北条家も終わりなのか」と嘆かれたエピソードの持ち主でもある…

*1:長男は早世