スマートフォン用の表示で見る

里見浩太朗

アート

里見浩太朗

さとみこうたろう

俳優。歌手。

1936年(昭和11年)11月28日生まれ。

1956年昭和31年)「東映第三期ニューフェイス」として芸能界入り。

1957年昭和32年)『天狗街道』でデビューし、昭和33年『金獅子紋ゆくところ』で初主演。

以後、数多くの東映時代劇に出演し、テレビ時代劇にも出演多数。

昭和46年からは15年に渡って『水戸黄門』(TBS)の佐々木助三郎役を演じ、また『長七郎江戸日記』、『八百八町夢日記』、日本テレビ年末時代劇スペシャル(いずれも日本テレビ)、などで主役を務め、時代劇トップスターとしての地位を確立する。

その後は現代劇にも意欲的に挑戦し、平成14年からは『水戸黄門』(TBS)において、5代目・水戸光圀を演じている。

なお、助さん?・格さん?水戸光圀の全てを演じた事があるのは、2004年現在のところ里見浩太朗ただ一人である。