工藤栄一

(映画)
くどうえいいち

映画監督。北海道出身。慶應義塾大学法学部卒。
故人。
大学卒業後の1952年東映に入社。助監督時代を経て1959年「富嶽獄帖」で監督デビュー。
1963年「十三人の刺客」、1964年「大殺陣」など集団抗争劇による秀作を発表し注目を浴びる。
その後は人気の高かった任侠路線の作品を手懸けつつ、テレビドラマの世界にも進出していく。
中でも、氏の最も名高い代表作となった「必殺シリーズ」においては、延べ50本以上の作品を演出した。


2000年9月23日午前10時30分、脳幹出血のため京都市内の病院で死去。71歳。

代表作

  • 映画
    • 十三人の刺客
    • 大殺陣
    • 十一人の侍
    • その後の仁義なき戦い
    • 必殺!III 裏か表か
  • テレビドラマ
    • 必殺シリーズ
    • 夫婦旅日記 さらば浪人
    • 柳生一族の陰謀
    • 女ねずみ小僧
    • 傷だらけの天使
    • 迷宮課刑事おみやさん
    • 雲霧仁左衛門(山崎努版)
    • 新撰組血風録
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ