スマートフォン用の表示で見る

荀攸

社会

荀攸

じゅんゆう

中国後漢の人物(157年? - 214年?)。潁川郡穎陰の人。字(あざな)は公達。荀曇の孫。荀彝の子。荀衢・荀彧の甥。子に荀緝・荀適。孫に荀彪(荀適の弟の子)。『三国志』に伝がある。

幼いころから聡明さで知られ、南陽の陰修に荀彧、郭図?鍾繇らと並んで評価され、官吏として取り立てられたという。

大将軍何進に登用され、中央政治に参画する。何進の暗殺後、政治の実権を握った董卓の専横を憎み、鄭泰?や何顒?らと共に董卓の暗殺を計画するが、事前に発覚して失敗し、投獄された。処刑される直前に王允董卓を暗殺したため、生還した。

その後、蜀郡太守として地方に出されるが、益州]の劉焉?が道を閉ざしていたため赴任できず、荊州に身を寄せた。後に献帝を迎えた曹操の招きを受けて出仕し、曹操軍師として重用され、張繍呂布との戦いで適切な助言を行い、曹操の勝利に貢献した。

曹操袁紹と決戦した官渡の戦い?や、その後の河北での袁家の残党との戦いでは、荀彧郭嘉賈詡らと共に参謀として曹操の勝利に貢献し、戦後、曹操にはその功績は荀彧に次ぐと評価された。

曹操が九錫?を受けて魏公になる話が持ち上がると、荀攸は荀彧と違い他の多くの群臣らと共に賛成し、魏国が成立すると尚書令?とされた。

214年?孫権征伐に従軍したが病にかかり、58歳で陣没した。

その計略の数々は親友の鍾繇だけが知っていたが、それらをまとめ終わる前に鍾繇が死去したため、一部しか世に伝わらなくなったという。

リスト::三国志関連