郭嘉

(一般)
かくか

字は奉孝。三国志の英雄。潁川郡潁陰県の人(170〜207)
荀紣の推挙によって曹操の幕下となる。
類稀な洞察力を持っており、徐州での劉備との和議、孫策の死、袁家の行く末などを的確に予言する。
この若き英才は曹操からも深く愛されたが、38歳の時に風土病で死去する。
赤壁の戦いでの敗戦の時、曹操は
「郭嘉さえいればこのような敗戦はなかった」と語った。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ