スマートフォン用の表示で見る

賈詡

社会

賈詡

かく

中国後漢から三国時代の人物(147年? - 223年?)。武威郡姑臧県の人。字(あざな)は文和。

若い頃は一部の者にしか名前が知られていなかったが、智謀に優れた人物で、機転を利かせて難を逃れたこともあったという。

董卓に校尉に取り立てられ、董卓の暗殺後は李傕?に進言して王允呂布から長安を奪取した。

李傕が政権を握ると、尚書となって献帝に仕えた。献帝洛陽に帰還するため長安を離れると、李傕を見限って長安を離れ、段煨?という人物に身を寄せたが、段煨にはその智謀を警戒されたため、張繍を頼って南陽に向かった。張繍には重く用いられ、劉表との同盟を締結するなど手腕を発揮した。

197年?曹操の攻撃を受けると、張繍曹操に一時は降伏したが、曹操張繍を軽んじた態度をとったため、張繍と共に密かに曹操を襲撃する計略を立てた。このときには曹操は逃したものの、曹操の子の曹昂と側近の猛将典韋を討ち取る戦果を挙げた。その後も張繍を輔佐して何度か曹操と戦い、適切な進言を行った。

200年?曹操袁紹黄河を挟んで決戦することになると、双方の陣営から張繍に味方となるよう誘いがあった。賈詡張繍曹操に味方することを勧め、張繍と共に曹操の傘下となった。賈詡曹操参謀の1人となり重用され、袁紹との官渡の戦い?や、その後の華北での袁氏の残党との戦い、さらに孫権との赤壁の戦い馬超らとの潼関の戦い?において、適切な助言を行った。

曹操の後継者争いでは、曹丕を支持した。曹操の死後、魏(曹魏)の皇帝となった曹丕からは三公の太尉?に任命されるなど国家の元勲としての待遇を受けた。223年に77歳で没した。

リスト::三国志関連