80年代アイドル

アイドル

80年代アイドル

はちじゅうねんだいあいどる

1980年代に活躍したアイドル

はじまり

山口百恵が引退し、ピンクレディーが解散、松田聖子、たのきんがデビューした1980年を時代の転換期と見る。

前半

 松田聖子田原俊彦近藤真彦の時代。

 1982年デビュー組(中森明菜小泉今日子石川秀美早見優等)のうち中森明菜中森明菜に匹敵する地位を得る。

後半 

 1985年

 この頃よりアイドルシーンに質的変化。中森明菜少年隊が広範囲な支持を保っていたものの、特に女性アイドルのマーケットが10代の男子に限定縮小される傾向が顕著となり、山口百恵松田聖子中森明菜といった広範囲なファンを獲得できる逸材は排出されなくなる。

 1984年デビューの菊池桃子辺りから、完全に10代の男子にターゲットとしたアイドルがデビューするようなる。おニャン子クラブでその意思が徹底された。

 20代以降の人*1は完全にアイドル市場から離脱し、J-POP市場が形成されるようになる。 

終わり

光GENJI南野陽子工藤静香中山美穂浅香唯WINK等がアイドル歌謡最後の輝きを見せた1989年。

 アイドルの相対的地位は低下していたものの、辛うじて音楽業界での市場性を保っていた。歌番組というものが大幅に減少していたが、タイアップという形式が定着し、アイドルが自身の主演ドラマの主題歌を歌う形態やCMソングという形でアイドル歌謡の市場性が何とか保たれた。

 90年代以降は、工藤静香おニャン子クラブ出身でありながら、おニャン子クラブのファン層とは全く異なる女性ファンや20代以上のファンを獲得し、90年代後半までヒット曲をコンスタントに排出し続けた。また小泉今日子中山美穂がドラマタイアップ曲でスマッシュヒットを出しているものの、全体的には音楽業界におけるアイドルの地位は著しく低下。アイドルグラビアやバラエティ番組に活躍の場を移すことになった。

*1:一部オタクを除く