自己肯定感

(一般)
じここうていかん

「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態。
自分を肯定している感覚、感情などを指す。
対義語は、「自己否定感」。
幼少期の生活・教育環境によって大きく左右されると考えられており、教育上の重要な要素だと考えられている。
自己肯定感が低いと自信が持てず。他人にどう見られているか気になり、他人の言動に過敏に反応してしまうとされている。

  • 自己肯定感が高い:心の受容が大きく、少々のことではめげない。意欲的に人間関係を築くことができる。
  • 自己肯定感が低い:自信喪失、委縮。自己否定的。

自己肯定感を得る為には

様々な見解があり、一概には言えないが次の様な事がよく挙げられている。

  • 認知の歪みを修正する。
  • 達成し易い目標を立て、数多くそれをこなすことで達成感を得る
  • 失敗してしまった場合に、それは一時的なものと考える。
  • ネガティブな言葉を用いない様にする。
  • ポジティブな言葉を意識する。
  • 自己を否定する原因となっている人や環境から離れ、違う環境へ移る。
  • 自己肯定感を得られなかった原因を探る。乳幼児期や幼少期が原因である場合がよく知られている(愛着障害)。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ