康珍化

(音楽)
かんちんふぁ

作詞家/脚本家
一般企業企画部勤務を経て、78年山下久美子の「バスルームから愛をこめて」で作詞活動を開始。
代表作は「悲しい色やね」「タッチ」「桃色吐息」「ミ・アモーレ」「GOLD FINGER'99」等多数。
80年代のアイドル歌謡黄金期を語る上で、欠かす事のできない作詞家の一人である。

受賞歴

1984年「桃色吐息」で日本レコード大賞作詞賞。
1985年「ミ・アモーレ」で日本レコード大賞受賞。
1984年、1985年の二年連続日本レコードセールス大賞作詞賞。

著作、脚本映画も多数。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ