スマートフォン用の表示で見る

MS-DOS

コンピュータ

MS-DOS

えむえすどす

OSの一つ。

MicroSoft 製 Disk Operation Systemの略。

Microsoft Windows95 登場以前はPCでは事実上の標準OSだった。

IBMがパソコン(IBM PC)を投入する上で、Microsoft社に基本ソフトの開発を依頼した。MicrosoftはSeattle Computer products 社が開発した 16bit OS である QDOS を買い取り、IBM PC用のOSとして仕立ててMS-DOSと名付けた。

IBMから出荷されるOEM版はPC-DOSMicrosoft社から出荷されたものはMS-DOSという名称で販売された。日本においてはNEC PC-9801シリーズなど各社16ビットパソコンに移植され、事実上の標準OSとして長い間使われていた。

現在のOSはほとんどが32bitモードで動作しているが、MS-DOSは16bitモードで動作するOSである。初期の非常に低機能なPCでも動作するように作られているため、現在からみると厳密にはOSとは言い難い未熟な部分が多い。

Ver.1ではそれまでの主流だったCP/Mを参考にし、互換性を重視していた。Ver.2以後はデバイスドライバの採用などunixの操作性をある程度意識し、Ver.3以後はネットワーク(MS-Networks?)およびGUI(MS-Windows?)への拡張に対応。