ガイア

(一般)
がいあ

地球系霊団の至高神、エル・カンターレの本体(本仏)が、3億数千年前に、初めて、「アルファ」という名で地上に下生した際、その妻であった女神(『アルファの法』〔宗教法人幸福の科学刊〕参照)。その「宇宙意識」は、太古より、エル・カンターレの創造作用の一部を担っており、“エル・カンターレの右手”とも称される(『人類創造の秘密に迫る』〔宗教法人幸福の科学刊〕第2章参照)。なお、現代日本に、大川隆法の妻・大川紫央として転生している。

ガイア

(一般)
がいあ

東京都中央区に本社を置くパチンコホール運営会社。1984年創業。

ガイア

(アニメ)
がいあ

ガイア

(一般)
がいあ

ギリシャ神話の大地母神。Gaia
カオスから生まれる。
天空神ウラヌスを生み、その間にティターン12柱(男神6柱、女神6柱)をもうける。
ウラヌスは生まれた子供を全て大地の奥底に幽閉していたが、末弟のクロノスだけはその目を逃れ地上に生まれることができた。
そして、クロノスはガイアの手引きにより、ガイアと性交しようとしたウラヌスに襲い掛かり、その男根を鎌で切断して殺害する。
男根を切り取られたウラヌスはガイアとの結びつきを失い、はるか上方へと遠ざかる。これがウラヌスが天空神となった由来である。また、切り取った男根からほとばしった精子は地上へと振りまかれ、様々な動植物を生み出した。この故事にならいクロノスは農業神と認定される。
この時ウラヌスはクロノスに対し予言を行い、父殺しをする者は同じく息子に殺されると宣告する。これは事実となり、クロノスはゼウスによって殺された。
大地、地球を象徴する語として、比喩的に用いられることがある。ローマ神話で相当する大地母神はテルスTellusである。

関連キーワード

生態学の理論 → ガイア仮説

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ