スマートフォン用の表示で見る

PG12

映画

PG12

ぴーじーじゅうに

映倫(映画倫理管理委員会)が決めた映画鑑賞の際にその映画を見ることが出来る年齢制限の規定。

2009年5月より区分された。旧区分である「PG-12」に相当する。

12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要

PG:Parental Guidance(親の指導・助言)の略号

この区分の映画で表現される主題又は題材とその取り扱い方は、刺激的で小学生の観覧には不適切な内容も一部含まれている。一般的に幼児・小学校低学年の観覧には不向きで、高学年の場合でも成長過程、知識、成熟度には個人差がみられることから、親又は保護者の助言・指導に期待する区分である。

映倫のサイト「映画4区分の概要」より)