スマートフォン用の表示で見る

RX-7

一般

RX-7

あーるえっくすせぶん

 マツダが世界に誇るロータリーエンジン(RE)搭載のスポーツカー絶版となった今でも、その車体性能は評価が高い。

 ロータリーエンジンがもたらすハイパワー、サイズの小ささがマシンの軽量化へと繋がっている。また、エンジンの特性だけではなく、RX-7にはいたるところに軽量化のための手を加えられ、グラム単位でそれが行われている。そのため国内で最高のパワーウェイトレシオを誇る。(FD

 自身が1300ccという小排気量ながら、実に3000ccクラスをカモれるほどの性能を有する。


エンジンをフロントミッドシップレイアウトとし、前後の重量配分を50:50としたことによるハンドリング・コーナリング性能の良さから公道はもちろん、サーキットでもそのパフォーマンスを発揮し、ル・マン24時間レースにもエントリーした。JGTC(現:Super GT)では2006年シーズンも活躍している。


初代は、昭和53年に発売されたSA22CサバンナRX-7

(最初にロータリーエンジンが搭載されたのはサバンナRE)

SA22C

二代目は昭和60年発売のFC3S「同」

FC3S

三代目は平成3年発売のFD3SアンフィニRX-7。後RX-7

FD3S


日本車としてはモデルサイクルが長い。(7〜10年)


アンフィニ称はマツダの販売チャンネルの1つ。

他、ユーノスオートザムなどが存在したが、結局は「マツダ」に統合され、今では販売店の名称にその名残がある程度。


    • 現在は発売中止だが、排気ガス規制対応のRX-7を開発中であるらしい。モーターショー等に出ている鏑が後継とも言われている。
    • シリーズにRX-8があり、RX-7絶版の直後にリリースされてはいるが、RX-7とはかなり色合いが異なり、直系の後継車種とは言えない。