スマートフォン用の表示で見る

WRX

一般

WRX

だぶりゅーあーるえっくす

スバルインプレッサに設定されるスポーツグレード。

レオーネ時代からスバル伝統のスポーツグレード「RX」に「World Rally」の意味合いを込めて命名されたもので、「X」は未知・未来を意味する。

インプレッサWRCに勝つために生まれ、そこで磨かれたテクノロジーによって進化する」という哲学のもとに製作されたモデルで、EJ20型水平対抗2リッター・DOHCターボエンジンを搭載。

標準モデルであるGDAは最高出力250馬力のシングルターボで5MTと4ATの二種類、STiモデルと呼ばれるGDBは最高出力280馬力のツインスクロールターボで6MTのみが搭載されていて、装備を簡略化した競技ベース車も用意されている。

その他スポーツワゴンモデルのGGAがあり、こちらのスペックはGDAにほぼ準ずる。

2010年、3代目インプレッサに施行されたマイナーチェンジから、WRX STIは「インプレッサ」の名を外され、独立した車種として展開していく事となった。

2011年にベースとなるインプレッサが世代交代した際も、インプレッサにはWRXグレードは設定されず、WRX STIのみが継続生産される事となった。

2014年2月に三代目WRX STIが生産終了となり、四代目からはスバルレヴォーグをベース車両としたため、WRXグレードはインプレッサと完全決別する事となった。

2014年8月よりEJ20エンジン+6MTを搭載した「WRX STI」と、FA20DITエンジン+リニアトロニックCVTを搭載した「WRX S4」が新たに登場した。